WordPressのパーマリンクは最初に設定するべき!その理由とは?

2023.10.07
2023.10.07

WordPressを使ってページを作成する際、よくわからずにパーマリンクをなんとなく設定していませんか?

実は、パーマリンクはサイトの構造をユーザーやGoogleにわかりやすく伝える、とても重要な要素です。SEOの評価に繋がる部分ですので、その意味を理解して最適化させることが必要です。

そこで今回は、パーマリンクの意味や設定する方法、最初にきめるべき理由などを紹介します。

パーマリンクとは

パーマリンクとは、簡単にいうと「Webページごとに設定されるURL」です。 サイト全体の共通部分である、トップレベルドメイン以降のページごとのURLのことを言います。

例えば、WebサイトのURLがhttp://www.abc.com/def/ghi/jkl/であったとすると、/def/ghi/jkl/の部分がパーマリンクになります。

パーマリンクを最初に設定したほうがよい理由

パーマリンクはWordPressでページを作成した時に、その際に設定するべきです。パーマリンクを途中から設定すると、いくつか問題点が生じてしまうからです。それらについて説明します。

他のサイト(ページ)にあるリンクが無効になる

ページを公開してから、パーマリンクを設定し直すと、以前のURLのページはなくなってしまいます。そのため、他サイトや自社サイトでそのページがリンクされていた場合、URLが変わってしまったことからアクセスできなくなってしまう可能性があります。

自社サイト内であれば貼り直すことも可能ですが、外部のサイトである場合は修正することは難しいため、リンク数が減少しサイト評価に影響することになります。

検索結果が無効化してしまう

Webサイトの情報はGoogleの検索エンジンのデータベースに保管され、検索されたキーワードに応じて検索結果を表示しています。その情報には、URLも含まれていいます。そのため、GoogleがURLの変更を認識するまでは、そのページが表示されたとしてもURLが変わっていることから、表示することができなくなってしまいます。

SNSのシェア数が無効化する

WebページがSNSにシェアされた回数はカウントされていて、その回数が多いほどSEO効果につながりやすいです。しかし、パーマリンクを変更するとカウントされていた回数が無効化されてしまし、SEOの評価にも影響がでてしまいます。

ベストなパーマリンクとは

ベストなパーマリンクは、Webサイト中でそのページがどのような内容で、どこの位置付けにあるのかがわるものだと考えています。

具体的には以下のようなものです。
例.

http://example.com/カテゴリー名/記事タイトル

http://example.com/webmarketing/seo-title

Webマーケティングのカテゴリに属する、SEOのタイトルに関する記事であることが理解できると思います。このようにページの内容とサイト構造がわかるパーマリンクはユーザービリティやSEO評価に繋がります。

また、Webサイトを運営側からもサイトの構造に沿って決めることができるので、ページの管理がしやすいというメリットもあります。

長すぎずシンプルな表現にする

記事タイトルに沿ってパーマリンクを決める時は、シンプルな表現で表すようにしましょう。長いパーマリンクですと、ユーザーからすると読みづらく理解しにくいものになります。ですので、記事タイトルをそのまま英語表記にしたりせずに、意味が伝わる範囲で略したり、単語を繋げて表現したりするなど、シンプルに表現できるようにしましょう。

日本語を入れない

日本語が含まれていると、一見わかりやすいようにも感じますが、コピー&ペーストした際にエンコードされ意味のわからない文字が続くURLになっていまいます。他にも、URLを貼り付けた際に日本語部分がURLと認識されず、正しいリンクに飛ぶことができない場合もあります。

必ずしも日本語を含むURLがいけないわけではないですが、こういったデメリットがありますので、使用する場合にはデメリットについて考慮した上で設定する必要があります。

タイトルや具体的なキーワードを含める

URLは、ユーザビリティと大きく関係があります。ユーザーに分かりやすいようできるだけわかりやすく設定する必要があります。また、URLはSEOの評価にもつながるポイントでもありますので、タイトルや記事の内容に関するキーワードを含めたURLを設定すると良いです。

記事タイトル:SEOで重要な記事タイトルの付け方とは

URL:http://example.com/webmarketing/how-to-seo-title

このようなURLを設定することで一目見ただけでページの内容がわかるようになり、SEO評価も上がりやすくなります。ただし、キーワードをただ並べただけの長すぎるものは、かえってわかりにくくなってしまうため、情報の詰め込みには注意しましょう。

また、上記のように「-」を入れて区切るなど、見やすくする工夫も必要です。

パーマリンクの設定方法

WordPressでパーマリンクを設定するには以下のような手順で行います。

パーマリンク設定

WordPressにログインし設定のパーマリンク設定を開きます。

デフォルトの場合は、パーマリンクは記事番号になっています。 このままではSEO的に最適なパーマリンクではないので、投稿時に手動でパーマリンクを変えられるように「カスタム構造」にチェックし、入力欄に「/%postname%」と入力します。

そして、保存をクリックしたら完了です。あとは、記事や固定ページを作成時に、パーマリンク手動で設定するだけです。

 

まとめ

パーマリンクは、一見地味な要素に見えますが、ユーザビリティやSEO評価につながる重要な要素です。ですので、てきとうに設定せずに、こだわって設定するようにしましょう。

また、パーマリンクは、途中で変更すると元々のURLが開けなくなってしたり、シェア数が無効化してしまったり、様々なデメリットも生じます。ですから、記事や固定ページを作成する時は、後回しにせずに公開する前に適切な形で設定を行うようにしましょう。

2023.10.07
WordPress開発・運用チーム

WordPressを使ったWebサイト制作を得意とする株式会社セルリアのWeb制作チーム。ご要望に合わせ、長く利用頂きやすいホームページをご一緒に制作いたします。集客、Webマーケティングについても貴社のご要望に合わせた形でご提案いたします。また、高度なカスタマイズ、プラグイン開発にも対応可能です。お問い合わせフォームよりお気軽にご相談ください。

こちらの記事を読んだ方におすすめ