WordPressのサイトマップを作成しよう!【作成方法の全手順を紹介】

2023.10.07
2023.10.07

ウェブサイト上にどのようなコンテンツがあり、それらがどのように配置されているのかがわかるサイトマップ。WordPressで制作したウェブサイトにサイトマップを設置する際、専用のプラグインを活用する必要があります。

どのようなプラグインを追加すればサイトマップを作れるのでしょうか。
ここでは、WordPressでサイトマップを追加する方法をご紹介します。

サイトマップとは

サイトマップとは、簡単に言うと「サイト全体の見取り図」のことです。
サイトマップはXMLサイトマップHTMLサイトマップの2種類に分けることができます。

①XMLサイトマップ
検索エンジンにページを認識させるという特徴があるサイトマップです。
XMLサイトマップを設置することでページへのクロールが促されるため、そのページがインデックスされやすくなります。

作ったページが、良質なページであれば順位が付きやすくなるのでSEO効果を見込めることができます。
ページを上位表示し、検索流入を増やしたいのならばXMLサイトマップを必ず設置しておきましょう。

②HTMLサイトマップ

「ユーザー」がページを探すために設置するサイト内のページ一覧のことです。
HTMLサイトマップは、内部リンクとして設置することができます。サイト内を巡回するクローラーは、リンクを辿って巡回するので、設置しておくことでページをクロールしやすくなります。

そのため、直接的な効果はありませんが、インデックスされやすくなるので、SEOに繋がります。

つまり、サイトマップには「クローラーにサイトの造りを認識させるもの」「ユーザーにサイトの全体像を把握させるもの」の2つがあることが分かります。

サイトマップページを作るメリット

では、サイトマップを制作するメリットを種類ごとに簡単に紹介します。

XMLサイトマップを作るメリット

・インデックス登録の手助けをしている
サイトマップを作ることで、クローラーが効率良く巡回できるようになり、短い時間でインデックス登録されるようになります。また、新しく書いた記事が検索結果に表示されるようになります。

・コンテンツ更新の通知をする
サイトマップには、記事を投稿した日時や更新した日時が記載されます。そしてその記載された日時が新しい記事を優先してクローラーが巡回してくれるようになります。

・正規化をする際のヒントになる
これは重複コンテンツがあった場合、どちらを優先するかを決める判断材料の1つにするということです。あくまで判断材料の1つでしかないので、サイトマップに依存しすぎないようにしてください。また重複コンテンツがあった場合、サイトマップを元にどちらを優先するか決めるので、重複コンテンツになっているURLは含めないように気をつけましょう。

HTMLサイトマップを作るメリット

・ユーザービリティが向上する
HTMLサイトマップがあることで、サイトを訪れたユーザーがサイト内のどこに何があるのか把握できるようになり、ページを見つけやすくなります。

・ユーザーが離脱する確率を低くできる
ユーザービリティが向上しユーザーが目当てのページを見つけやすくなることで、ユーザーがサイトから離脱する可能性を低くすることができます。

サイトマップの制作に欠かせないプラグイン

プラグインを活用することで、簡単にサイトマップを制作することができます。
ただし、XMLサイトマップとHTMLサイトマップで使用するプラグインが異なるので、それぞれ適したおすすめのプラグインを紹介します。

XMLサイトマップを制作する際のプラグイン

・Google XML Sitemaps
9年以上提供されているプラグインです。
更新するたびに自動でサイトマップを生成する、検索エンジンに通知するといった特徴があります。

・All in One Seo Pack
SEOに適したプラグインです。このプラグインの中にXMLサイトマップを制作できる機能があります。

HTMLサイトマップを制作する際のプラグイン

・Table of Contents Plus
階層化した目次を制作することができる、目次のトーンを選べるといった特徴があります。

・PS Auto Sitemap
日本語に対応しているプラグインで、自動でサイトマップを生成するという特徴があります。

GoogleSearchConsoleにサイトマップを登録

XMLサイトマップが完成したら忘れてはいけないのが、「GoogleSearchConsole」への登録方法です。ここでは、GoogleSearchConsoleへの登録方法を紹介します。

まず、SearchConsoleにログインします。
左のメニューバーから「サイトマップ」をクリック。

下のような画面が出てくるので、サイトマップのURLを入力して「送信」をクリック

「サイトマップを送信しました」という表示が出てくれば、完了です。

まとめ

WordPressでは、サイトマップを設定することができません。
そのため、サイトマップを設置するには、プラグインが必要です。

サイトマップには、
●XMLサイトマップ
●HTMLサイトマップ
の2種類があるので、導入する際は2つのプラグインを追加します。

また、サイトマップを設置したら、Google Search Consoleへの登録も必要です。
欠かさずに行いましょう。

2023.10.07
WordPress開発・運用チーム

WordPressを使ったWebサイト制作を得意とする株式会社セルリアのWeb制作チーム。ご要望に合わせ、長く利用頂きやすいホームページをご一緒に制作いたします。集客、Webマーケティングについても貴社のご要望に合わせた形でご提案いたします。また、高度なカスタマイズ、プラグイン開発にも対応可能です。お問い合わせフォームよりお気軽にご相談ください。

こちらの記事を読んだ方におすすめ